ヒステリックに叫ぶのは逆効果

何かを主張するときにはヒステリックに叫ぶのは逆効果であると、とある映像を見て思いました。
その人が憤る気持ちは分からなくはないけれど、あまりにもきゃんきゃんきゃんきゃん叫ばれると、印象が悪くなる。
そしてその人は被害者なのに、その人やその考え方に同意できなくなる。
本質を見誤るという感じですね。
そんな指摘をしておきながら、自分自身も相手に伝わりやすいように物事を話すのは難しいと感じている今日この頃です。
まず適切な単語が出てこないとか。
歳ですかね。(笑)
簡潔に伝えたいと思っているのに焦ってしまうんですよ。
人の振り見て我が振り直せ、というのを実感しました。
まあ、なにごとも感情のままに口に出してはいけませんね。