優しいタッチ

優しいタッチで人がやっているようにシールを貼るロボット。
職人さんがやることを何度も試作してロボットにさせているんだとか。
いろいろな作業を100%ロボットがしていることも増えているようです。
ロボットの動きが凄いな!と思った反面、見本となった職人さんたちはどうなったのかなって思いませんか?
機械での作業は効率も正確性も上がり、人件費が安くなる。
採用する企業には良いことだらけですね。
しかし働く方としては需要がなくなるわけですから仕事を失うことにつながります。
伝統的な職人さんが少なくなってくのがわかりますね。
人から人への職人技を絶やすことなく、また便利なもを使うことも取り入れつつという状態になれば一番いいのですが難しいですね。