声の周波数とイントネーション

あなたは人から嫌われていないですか?という質問をされて自信をもって「嫌われていません」と答えられる人なんているんですかね。
人に与える印象は声でも決まるそうです。
話しをよく聞きかえされることがある。
はいの人が嫌われやすい
声の周波数
聞き取りにくい声は相手がもう一回聞こうとするのに疲れるので嫌がられる傾向にある。
滑舌が悪いのと発声の仕方。
3000ヘルツの声は人間の耳に一番聞きやすい。
その周波数を意識的に出すには腹式発声をするがいい。
早口言葉の「生麦、生米、生卵」 いいえの人が嫌われやすい
イントネーション
自分の気持ちを相手に伝えるためにつけているのがイントネーションです。
イントネーションがない話し方は嫌われやすい。
早口言葉が苦手な人は口を大きくあけていない。

私は仕事柄そういったことに気を付けている方です。
ただ人の見え方は自分ではわからないので、周りの人はどう見てるのかは謎です。
まぁクレームとか悪いうわさは聞かないので、嫌われてないと思います(笑)
まぁ今の職場に薬剤師として転職してきたばっかりだから好きも嫌いもまだないか・・・

転職のために動き続けるのは、独特の疲れが伴うもの

転職の活動というのは、仕事の疲れとは違ったものがありますね。
一回の面接にしても、今までには感じたことのない疲労感が出てきて、翌日にはぐったりしてしまいます。

まず、転職は自分を売り込むことですから、より大きく見せなければなりません。
遠慮がちにしていては、相手も採用しようとは思わないでしょうからね。
私は普段、あまり自分を前に出さないタイプだけに、転職では精神的に負担を感じる場面も多くなります。

人によっては苦にならないことでも、性格の違いなどで、全く変わってくることは多いでしょう。
転職を苦にしない人というのは、自分を売り込むことが得意な人かもしれませんね。

他に転職で疲れることと言えば、時間帯が一定じゃないという点です。
平日に呼び出されることもありますし、夕方以降に面接があることもあります。
気持ちの切り替えが難しく、仕事との兼ね合いを上手くやらないと、余計に疲れることも少なくありません。

できるだけ疲れを少なく済ませるには、事前に用意をしっかりして、面接当日の負担を軽くするのが一番ですね。
最近では面接のある日は、企業周辺の地図なども印刷し、あわてないように努めることが週間になりました。
緊張感というのは疲労に直結しやすいものですから、自分をリラックスさせる工夫が不可欠でしょう。

今はビル管理の求人をさがしています。こんなランキングもあるんですが実際はどうなんでしょうか?
結局は需給の問題と考えるとそう都合よくビル管理の仕事とか見つからないような。