体と天気の関係

天気痛が病気の早期発見につながる
変形性関節症という歳をとってくると骨が削れて痛くなるなどがおきます。
激しいタイプの関節痛がかくれている場合がある。
それが間接リュウマチです。
本来は守ってくれるはずのものが逆に攻撃するようになってしまう病
関節の変形と痛みが全身に広がってしまう病なので早めに発見して治療しることが大切です。
間接リュウマチは基本的には投薬になりますね。
一つの薬に効果があるかどうかを見るのは、最低3カ月や半年、一年というのもある。
だから自分に合う薬を見つけるのが大変です。
それだと時間がかかるので…
遺伝子のパターンを見てその薬が合うのか合わないのか薬の効果を見極めることができるようになっています。