7年で売り上げが3倍

昔はGodivaって聞くと、お高いチョコレート、誰かにあげるためのチョコレートという印象でした。
7年で売り上げが3倍になるほど繁盛しているそうです。
高級感と親しみやすさを両立、らしい。
ショコリキサーというドリンク、美味しそうだけど高い。
ちょっと高いけど美味しいという親しみやすさを出したわけですね。
Godivaは高いと分かっているから贈答用に良いんですよね。
自分で買おうとするとそんなに高くないとわかりますけど、あ!Godivaだ!!ってなりますからね。
女性は定期的にメイクアップや身だしなみをプロの先生から学ぶ。
キリっとした眉毛だけでも違うものですね。
お店では試食が出来るんですね。
試食をすると7割くらいのお客さんが購入してくれるってそりゃそうでしょうね!

彼女がもう良いというのなら

某芸能人の離婚理由は旦那が自分の子供を欲しがったから。
別れの理由について、納得するかしないかは本人にもよるのかなと思いました。
20代で48歳の女性と結婚を決めたときには、子供について深く考えなかったのかもしれないし、時間がたってからやっぱり自分の血をひいた子供が欲しいと思ったのかもしれない。
一部にはすでに新しい女性がいてそちらと家庭を持ちたいから離婚したがったというのもあるけれど。
自分に直せないところをあげられて、それが理由で別れたいと言われたら悲しみも倍増すると思う。
でもその反面に、自分じゃどうしようもない仕方がないときっぱり諦められるというのもあるかもしれません。
彼女がもう良いというのなら外野がとやかく言うことではないけど、女性として悲しい理由であり旦那は酷いとも思います。

「ハローサヨコ、きみの技術に敬服するよ」

最近、初読み作家さんにけっこう手を出しています。
今日読んだのは瀧羽麻子さんの「ハローサヨコ、きみの技術に敬服するよ」です。
ラノベっぽいタイトルですね。
主人公は男の子で幼馴染のサヨコはパソコンでハッキングが得意な子です。
うーん。ちょっと感想が難しいですね。
高校生の話しとかは苦手なので避けてきましたけど、ハッキング出来る女子高生ときたら面白いかなと思ったんです。
でも思っていたのとは違ったというかなんというか。
高校生の恋愛がらみというわけでもなく、ハッキングの技術で大きな事件を起こしたというわけでもなく。
なんとなく続編をにおわせるような後半が逆につまらなくした感じはありましたね。
一回読んだら良いかなってかんじです。

こちらが期待するような返答

こちらが期待するような返答ってない場合が最近多いような気がします。
言葉をそのまま受け取ってみたり、裏の気持ちを察してみたりするのは送る人の性格もあるけど受け取る方にもある。
やっぱりコミュニケーションは何かが間にあると成立しないものなんだなと痛感しています。
私だっていろいろ文章を考えて何度も推敲して送っているのに、先方からの返信はそっけないと残念です。
その反応はないでしょう!みたいな。
でもそこでちょっと立ち止まってみます。
悪気はない、裏の意味はないと思ってこちらも謙虚な文章で返信しようと。
こちらの苛立ちを文章にしても相手に伝わるかはわかりませんからね。
感情的になるべきところではないなと思いました。

一週間以上も完全に自炊

一週間以上も完全に自炊にするとメニューを考えるのにも一苦労です。
私一人だけならともかく、父親と二人きりになると本当に心底面倒です。
夕飯を作ったら大抵はあまるからそれは翌日のお昼にまわすのが普通ですよね。
私はお弁当に持って行ったりするけれど、父親が翌日に食べないんですよ。
それでいったい何を食べるかというと、カップラーメンとか自分で買って食べているんです。
たまには食べたいものを食べるという、その気持ちもわかりますよ。
母がいればお昼も食べられるだけの状態で用意してくれますからね。
意見があったとしてもそれはそれで食べているんでしょう。
自分で用意するとなったら残り物を食べるというよりも好きなものに手がいくんでしょうけどそれじゃ困るんだよ!

自分自身の出来事

昔、といってもほんの10年くらい前は芸能人とか有名な人ではない、自分のような一般人もブログという名の日記をつけていましたよね。
私もしていたし、ネットで知り合った友達もみんなしていました。
でも今はTwitterやインスタがあって日記というほど長い文章にはしませんね。
何かがあったらすぐにアップしている人などは、あらためてブログをしている人はあまり見当たりません。
それがちょっと寂しくもありますね。
更新は少なくとも友達の様子がわかるものでしたし、自分自身の出来事を載せる場所でもありました。
前はそれが当たり前のこととしてありましたが、他の物に代替えされる。
こうやってなくなっていき、また新しいものが生まれていくんですね。

肩が凝ったと思ったことがない

肩が凝ったと思ったことがないので、マッサージ屋さんに行こうと思ったことは一度もないです。
でもヘッドマッサージを見たら私もやってみたいと思いました。
美容院で髪の毛を切ったあとに頭のマッサージをしてもらったら気持ちが良いですから。
恥ずかしながら滅多に美容院にはいかないので自宅で自分で出来たらいいかなぁ。
指を突っ込むと一本一本に圧力がかかって、気持ちが良いというマッサージ機。
爪のところとか自分で力を入れてマッサージをするのもあるけど、力を入れないといけないし大変なんですよね。
しかし16000円というのがかなり高いかなぁ。
それならやっぱり頭とか足のマッサージの方がいいかな。
まあ、買わないですけど。
人からもらいたいです。(笑)

不親切すぎて嫌

何年前につくったんだよ?!
というホームページをみかけることがたまにありますね。
公共サービスのものだと、おそらく予算がないんだろなとか仕切る人がパソコンが使えないおじさんなんだろうなと思います。
最近利用した通販でそんなものに出会ったのでイラっときました。
それでもそのサイトのものが欲しかったので購入しました。
発送連絡があるのは当たり前ですが、そこには配達会社や追跡番号の記載がありませんでした。
普通は!購入者に連絡するものだと思いますけど私が間違いなんでしょうか。
私は何時に配達するように指定したのか覚えていません。
それが知りたかったのになんで教えてくれないんでしょうかね。
不親切すぎて嫌になりますよ。

罪のない人達への非難

最近、全国放送でうちの近くであったひき逃げ事件のことが流れていてびっくりしました。
車の事故は毎日おきているだろうけどちょっと変わっていたりすると報道されますね。
先日見たのは、ひき逃げをした車の両面に女の子のキャラクターがかかれていた車だったそうです。
痛車でひき逃げなんてするものじゃない、なんて誰しもわかるものなのにあきれた加害者がいたものです。
目撃者の証言ですぐに捕まってしまいました。
キャラクターはラブライブのもので作品の舞台になっている場所に茨城県から遊びにきていた20代男性が加害者でした。
目につく車で事件を起こしたうえに好きなアニメまでも汚した罪は重いですよ。
これだからオタクは!なんて、罪のない人達への非難につながりそうです。

妻にまかせっきりで何もしない旦那

妻にまかせっきりで何もしない旦那の話しは多いけれど、本当にうんざりします。
そもそも家事って生きていくうえで必要なことだから人任せで良いのは子供だけです。
ぎっくり腰ならぬ、ギックリ首?になって1人でトイレに行くにも事欠かないくらいにおなった奥さん。
それなのになにもしない夫はなんて低能なんでしょう。
夫とかのその前に人として駄目ですよ。
そして子供の面倒もいっさい見ないから、子供がまだ小さいのに父親に懐いていないとか・・・。
妻にしたら大きい息子ってことになる。
他人事で聞いているにしても気持ちが悪いくらい嫌です。
妻に先立たれたらどうするんですかね。
気が付いたときにはひとりで生活もままならない小汚いじじいになっているんでしょうね。